英語コミュニケーション力測定のグローバルスタンダード(日本語)Adapted FSI Proficiency Interview
【セミナー情報】
参加申し込みサイトにアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。 申し訳ございませんが、満員御礼・定員に達したため受付を締め切らせていただきました。 多数のお申し込みありがとうございました。

昨今の世界情勢の変化で、職場内外のコミュニケーションの質が仕事に与える影響の重要性を感じることはありませんか。
一方で、オンライン会議やテレワークの普及が進み時間や場所にとらわれないビジネスの可能性がより広がった年でもあります。
ではより良いコミュニケーションを英語で行いビジネスに活用するにはどうすればいいでしょうか。
どのような英語コミュニケーション力が必要でしょうか。

こちらのセミナーでは、FSIインタビューテストを通して個人の弱み・強みを分析し、パーソナライズされたカリキュラムと経験豊富な講師陣で英語コミュニケーション力の向上を目指す弊社のサービスをご紹介いたします。
フェニックスコンサルティングのFSIインタビューとは
FSIインタビューは、合衆国外務局より海外へ政府代表として派遣される職員の言語能力を評価するために作られた試験です。

またアメリカ合衆国政府や大使館で働く外国人職員の言語能力を測るためにも用いられました。
このFSIインタビューでは言語能力を評価するだけではなく、受検者のコミュニケーション能力や対人能力、対話相手の文化的背景への理解等も図ることができます。

FSIインタビューは、他の多くの会話能力試験の検証の基準となっており、多くの学者がFSIインタビューに関する広域研究を行いました。
語学試験において長い間、困難とされ議論がなされていた課題の一つが会話能力の測定だということを、多くの学者や語学試験の研究が支持しています。

これらの理由から、フェニックスコンサルティングのFSIインタビューは、多くの企業において従業員の英語コミュニケーション力を計測するために、ご採用いただいております。
また、一部の顧客企業ではFSIスコアを特定の職務や短期海外出張、海外赴任等の基準として採用されています。
AIや機械では計測できないコミュニケーションの能力をはかる
現在は、英語テストの自動化、AIが認識するといったアルゴリズム検定など効率化が進められています。
対面はもちろんのこと、オンラインでも人と人が話すといった前提において、人が英語のコミュニケーション能力を測定するFSIインタビューは、コミュニケーション能力を図る指標としての価値があります。

様々な英語テストと併用して、見極めの精度を高めるためにも一度、FSIインタビューを導入されることを、お勧め致します。
日程
英語コミュニケーション力測定のグローバルスタンダード(日本語)Adapted FSI Proficiency Interview
日にち:2021年3月10日(Wed)
時間:pm01:30~pm03:00
会場:オンライン:ZOOM

講演者紹介

中村 将嗣
株式会社phoenix Consulting
企画営業部兼経営戦略部 部長
学卒後、大手製造販売会社を経て渡加。
カナダ滞在約5年の間に、現地旅行会社にて現地ツアーガイド、オペレーションマネージャーとして従事。
世界のビジネス環境における日本人のプレゼンス向上やコミュニケーション能力育成の重要性を感じ、帰国後約18年間にわたり、英語教育、リーダーシップ開発、ヒューマンスキル開発に携わる。
お申し込みはコチラ >

CONTACT
もっと詳しい内容を知りたい方は、お気軽に下記までご連絡ください。

フォームでのお問い合わせはこちら
お問い合わせはコチラ
☎でのお問い合わせはこちら
03-5962-3511
営業時間 平日AM9:00 - PM6:00