※受付終了 Maximizing Personal Resilience 【英語】-有料ワークショップ
パーソナルレジリエンスを最大化することの必要性
「ニューノーマル2.0」といわれるこの時代、最もレジリエンスのある労働者が、職場で最も成功し、仕事を持続可能にすることとの相関関係を否定することはできません。 昨今の世界情勢により、個々のスキルアップの必要性はますます高まっています。それにより人々は挑戦をする力を身に着け、また、個々を強い成功に導くことができるようにするには何が必要かを学びます。
ワークショップの特長
パーソナルレジリエンスと4つのエネルギー(The Four Energy Dimension -Loehr and Schwartz)のコンセプトを理解をした上で
個人のレジリエンスレベル、強み、改善エリアの分析
個々が直面する個人レベル及びビジネスレベルの困難な状況を想定したケーススタディー
自身のパーソナルレジリエンスを向上するための、普段の生活の中で実行できる実用的なアクションポイントをひとつ決定
有料のワークショップでのご案内
コロナ禍の中、今まさに、レジリエンスは必要な能力となっています。
通常は1日研修のプログラムとしてご提供しておりますが、コロナ禍の影響により、いま非常に重要視されているスキルですので、より多くの方々にご参加いただけるよう、ポイントを絞り短時間のオープンセミナーとしてご提供させていただきます。
本ワークショップは英語でのご参加となりますので、英語でコミュニケーションがとれる方を対象としております。
多国籍な人材で構成される職場にいらっしゃる方にお勧めです。この機会にぜひご参加ください。

Maximizing Personal Resilience ー パーソナルレジリエンスの最大化【英語】-有料ワークショップ
料金:7,800円(税込)※受付終了
お支払いにつきましては、お問い合わせいただきましてから別途メールでご案内申し上げます。
日程
Maximizing Personal Resilience【英語】 -有料ワークショップ
日にち:2020年9月10日(Thu)
時間:pm01:00~pm04:30
会場:オンライン:ZOOM(途中、30分間の休憩をはさみます。)

講演者紹介

Kate Wilkinson Ara
イギリス出身。大学卒業後、イギリス国内で消費財、包装材、製薬業界などで営業として経験を積んだ後、人材育成のフィールドに転身。大手製薬会社や法律事務所で5年間Learning&Developmentの担当として、様々な業務に従事。
研修分野は営業研修、心理・性格測定研修、コーチング、プレゼンテーション、レジリエンスなど。ヨーロッパ各国の人々との就業経験、日本での勤務経験から異文化への理解も深い。欧米と日本の文化の違いを柔軟に受けとめた上での研修開発や、受講者への強い共感力も高い評価を得ている。
趣味は旅行、異文化に触れること、食べ歩きや料理など。
お申し込みはコチラ >

CONTACT
もっと詳しい内容を知りたい方は、お気軽に下記までご連絡ください。

フォームでのお問い合わせはこちら
お問い合わせはコチラ
☎でのお問い合わせはこちら
03-5962-3511
営業時間 平日AM9:00 - PM6:00